楽天カード
なんと資料請求だけで100P!入会特典最大4000P!楽天50P⇒ANA25マイルへ交換可
楽天証券
なんと入会特典最大8200P!
楽天50P⇒ANA25マイルへ交換可能!
楽天リサーチ
回答することに大量ポイント!
楽天50P⇒ANA25マイルへ交換可能!

他行への振込でも手数料が無料の金融機関!


マイルを効率的に貯めるには、生活費の支払いを
いかにクレジット払いにシフトするかがカギです。
しかし、どうしても現金でしか払えない料金もあります。


その一つが、『 振込手数料 』です!!


生活費のほとんどは、クレジットカード払いが可能に
なってきているのですが、振込みには利用できません。


そこで今回は、
他行への振込みで手数料が無料になる金融機関を紹介します。






どうして、振込する時は、突然やってくるのでしょう?
大手の三井住友銀行でも、他行への振込みは窓口だと、
最大840円もかかってしまいます。 嫌になっちゃいますね。



そんな時には、振込手数料が無料の金融機関が便利です。
振込手数料が無料になるのは、下記になります。
各金融機関によって、利用条件などもありますのでチェックしましょう。




住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
  他行への振込、 月3回まで無料
4回目からは 1回 150 円(税込)

※ イーバンク銀行への振込は無料対象外



新生銀行
新生銀行
  他行への振込
新生プラチナ 月10回
新生ゴールド 月5回
新生スタンダード 月1回まで無料

※ インターネットからの振込



イーバンク銀行
イーバンク銀行
  他行への振込み
月3回(最大月5回)まで無料


※「給与振込」があった場合、他行振込手数料が、3回無料。
また、振込手数料無料の回数が、2回まで次回給与振込時にくりこし可能になり、 最大5回 まで無料で振込ができます。




また、消費者金融のプロミスも無料で、
他行へ振込するサービスも提供しています。



振込金額は、借入れとなりますが、
当日中に返済すると金利も取られず、完全に無料です。
審査が通れば、すぐに WEB上で振り込めます。



プロミス
プロミス
  月何回でも振込手数料が無料でも、金利がかかってはどうしようもありませんので、金利をかけない為に当日中に返済する必要があります。

返済は、店舗ATM、コンビニ、銀行、WEB等、どこでもOK!もちろん返済には手数料はかかりません。




これらの金融機関なら、口座開設、口座維持費は無料です。
振込する時は、突然訪れるもの!!
金融機関によって賢く、上手に使い分けましょうね。














ランキングに参加中です。もしよかったら、ポチッ とお願いします♪
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       人気ブログランキング      「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

2009年02月22日 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。